保健室より

学校感染症と出席停止について

集団への伝染や流行を防ぐため、学校保健安全法施行規則により、
「学校において予防すべき感染症(学校感染症)」が定められています。
医療機関で学校感染症と診断された場合は、出席停止となります。(欠席にはなりません)
必ず、学級担任に連絡の上、医師の登校許可が出るまでご家庭で安静にしてください。

治癒した後の登校に関しては、医師に記入していただいた「登校許可証明書」を担任に提出してください。
「登校許可証明書」の用紙は、以下からダウンロードすることができます。
(医療機関で発行された、“登校許可証”等でも構いません。)

「登校許可証明書」をダウンロードする
(※PDFファイルが新しく開きます)

学校において予防すべき感染症の種類

第一種 エボラ出血熱  クリミア・コンゴ出血熱  痘そう  南米出血熱  ペスト  マールブルグ病  ラッサ熱
急性灰白髄炎  ジフテリア 
重症急性呼吸器症候群 
(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)
鳥インフルエンザ
(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであって、その血清亜型がH5N1であるものに限る)
中東呼吸器症候群
第二種 インフルエンザ  百日咳  麻しん  流行性耳下腺炎  風しん  水痘  咽頭結膜熱  結核
第三種 コレラ  細菌性赤痢  腸チフス  パラチフス  腸管出血性大腸菌感染症  流行性角結膜炎  
急性出血性結膜炎
※その他の感染症

その他の感染症について

学校感染第三種の「その他の感染症」とは、条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる感染症です。
本人の状態によって、主治医が判断します。
出席停止の措置が必要であると判断された場合は、主治医の指示に従って自宅で安静にし、
登校の際には、「登校許可証明書」を担任に提出してください。

<その他の感染症の種類>
溶連菌感染症  ウイルス性肝炎  伝染性紅斑  手足口病  ヘルパンギーナ
マイコプラズマ感染症  感染性胃腸炎

このページのトップへ