校歌(第一、第二)

「伝統」と「創造」を象徴する2つの校歌

本校には第一校歌、第二校歌、と2つの校歌があります。


  • 甲南女子は90余年にわたるすばらしい伝統を大切に守りながら、
    夢を追い続けるあなたの未来を創造する学校です。
    その象徴といえるのが校歌。
    本校の校訓を表しており、儀式のときに必ず歌う「第一校歌」。
    生徒から募り、毎年変わる「第二校歌」。 全校集会等で歌われます。
    時代の推移をも反映する第二校歌は甲南女子の歴史であり、
    生徒が甲南女子の伝統を作り上げる担い手となります。
    この2つの校歌は「伝統と創造」を重んじる甲南女子のシンボルです。

変わることのない校訓の
精神がこめられた第一校歌

第一校歌
作詞 明治天皇(御製一首)照憲皇太后(御製三首)
作曲 信時 潔

めにみえぬ かみの心に通うこそ
ひとの心の まことなりけれ

かへりみて 心に問はは見ゆへきを
正しき道に 何まよふらむ

朝夕の しはの烟もたてかねて
なけきこるらむ 宿をこそ思へ

人心 かからましかは白玉の
ま玉は火にも やかれさりけり

生徒の作詞・作曲によって
毎年変わっていく第二校歌。

2015年度作
作詞 岡本 真緒
作曲 宵谷 薫子

一、
丘の上に輝く校舎
いつも私を見守ってくれる
悩みや迷いも吹き飛ばし
ただ真っ直ぐに走り出す
海まで届け 未来への希望
皆の勇気が風になって
明日への旅が 今 はじまる

二、
思い出詰まったこの教室
いつも私に力をくれる
仲間と共に励まし合い
目指した道を歩みゆく
青空に放て たくさんの夢
皆の笑顔が光となって
遥かな旅が 今 はじまる

第二校歌を作詞・作曲して

「第二校歌を作詞して」   岡本 真緒

第二校歌の作詞に選ばれるということは、私のちょっとした夢でした。なので、私の歌詞を選び、その夢を叶えてくださった先生方にまずお礼申し上げます。ありがとうございました。
さて作詞時の感想ですが、大変だったなというのが一つ、非常に良い経験をしたなというのが一つです。『大変』、というのは、歌詞にしたいことが多過ぎて、中々まとめ切れなかったからです。歌詞を書く前に今まであったことを振り返って、チマチマ書き出す作業をしてみたのですが、六年間というのは長いようで短く、その間の思い出の濃さたるや、とてもじゃないけれど書き切れないほどでした。何とか骨組みを決めてフレーズを入れていく段階では、具体的過ぎないように言葉を選んだり、年度によっては卒業を意識し過ぎた歌詞になっている場合もあるので、そうならないように注意したりもしました。そうやって仕上げた、これ以上推敲しようのないと思えるものを提出して無事選ばれたのですが、先生から「ちょっと長いから削って」と・・・。ああこれ以上どこを削ると言うの・・・。全ての過程において大変だったのは間違いないですが、自分で自分の学校の校歌を考えるという経験は、他の学校では出来なかったと思うのです。それが『非常に良い経験をした』と感じる理由です。この学校は最後まで私に色々なことに挑戦させてくれました。甲南女子で良かったなぁなんて思います。
私の後にはどんな第二校歌が続くのでしょう。願わくはこの第二校歌のリレーがずっと続かんことを。

「第二校歌を作曲して」   宵谷 薫子

私は今まで作曲をしたことがなく、今回の作曲は私にとっての初めての経験となりました。そのため、最初はどうしていいのか分からず、難しいことだらけで全く曲作りは捗りませんでした。しかし、このままではいけないと思い上手くできるかは不安でしたが、六年間お世話になった甲南女子に少しでも貢献できればという思いで、家族などにアドバイスをもらいながら曲を完成させました。
岡本さんの詞を見てみると、とても前向きで未来に進んでいくような印象を受けました。そんな明るいイメージを崩さない様、一つ一つの言葉の意味を大切にすることを心掛けました。
私の曲が選ばれたと聞いたときは、驚きと嬉しさでいっぱいでした。音符と言葉が綺麗に合わなかったり、苦労したことはたくさんありましたが、そのたびに周りの方々が助けてくれて、そのおかげで甲南女子の伝統を受け継ぐことができたのは私の誇りです。
今回の曲は、今までの第二校歌よりも高い音を出すところが特徴です。毎週の講堂朝礼で朝から高音を出すのは辛いという方は、アルトも頑張って作ったので、みんなで楽しみながら一年間歌ってもらえると嬉しいです。

このページのトップへ