沿革

90余年の伝統を受け継ぎながら、
未来を創造する。

歴史

大正9年(1920)4月、甲南の前身である甲南高等女学校が誕生しました。
当時官公立の学校で多く見られたドイツ流の画一的な教育に対し、
英米流の自由主義思想に範を取った、新しい創造教育の実践をめざしての開校でした。
それはまた、大正デモクラシーが生んだ新教育の実践でもありました。
大正12年(1923)、初代専任校長として表甚六が着任し、以後22年間本校の校長として教育に当たりましたが、
その間、表校長の頭から片時もはなれることのなかった大命題は、”女性として豊かな教養を身につけ、
すぐれた品性を備えた気品ある女性をどうしたら育てられるか”でした。そしてそこから徳育を重視する教育の実践が 始まり、また「全人教育・個性尊重・自学創造」という今も変わらぬ本校の教育方針が固まっていきました。
以来90年、その間には谷崎潤一郎の小説「細雪」にも描かれた昭和13年(1938)の阪神大洪水による被害、
そして昭和20年(1945)の空襲による校舎の全焼という不幸もありましたがそれを乗り越え今日に至っています。

学園のあゆみ

1920年(大正9) 甲南高等女学校開設
1923年(大正12) 表甚六氏が初代専任校長に就任
1924年(大正13) 校訓を制定し、校章を象徴化
1927年(昭和2) 第一校歌制定
1929年(昭和4) 校旗制定
1938年(昭和13) 阪神大水害により校舎埋没
1942年(昭和17) 専攻科を設置
1945年(昭和20) 空襲により全校舎焼失
1947年(昭和22) 中学校を併設(高等女学校1・2・3学年切替え)
1955年(昭和30) 甲南女子短期大学開学
1964年(昭和39) 甲南女子大学開学
1968年(昭和43) 甲南女子中高等学校が新校舎(現在地)に移転
1995年(平成7) 阪神・淡路大震災により校舎に損傷を受ける
2000年(平成12) 創立80周年記念式典挙行
2001年(平成13) 文科省より環境教育研究開発校の指定を受ける
(甲南三学園共同)
2007年(平成19) 甲南女子中高に普通科新コースを設置。
Sアドバンストコースとスタンダードコースの2コース体制となる
2010年(平成22) 創立90周年記念式典挙行
2011年(平成23) 新校舎建築(2012年1月竣工)

このページのトップへ