OG Message

たくさんのことを体験しながら、
甲南女子から大きく羽ばたいていった多くの先輩たち。
その先輩たちが経験してきたことは、
これからの学校生活の参考になるでしょう。

OGインタビュー

小学校の先生になるために

小学校の先生は子供の頃からの夢。でも甲南女子での6年間は「まず目の前のことを頑張ろう!」という感じでした。部活や学校行事、委員会など、やってみたいと思ったことは失敗を恐れず手を挙げていました。
でも入学当初の私は遠慮するタイプでした。ただ、伸び伸びとした校風、自分を出しても受け入れてくれるクラスの雰囲気だったので、毎日を過ごすうちにどんどん積極的になりました。高3の時にはコーラス部の部長になり、文化祭で実行委員長を務めるなど、大変だけど貴重な経験をさせてもらいました。進学を考えるときに、人と話すこと、面倒を見ることが好きなので、子どもと関われる仕事に就きたいと考えました。そこで先生をめざそうと教育大学へ進学し、最終的に小学校の先生になりました。

夢を叶えるために大事なこと。

学生時代で大切なのは、いろいろ経験すること。大変かもしれませんが、部活動でも今のメンバーとできるのは今だけ。毎日の瞬間を大切にしてほしいと思います。あと人に助けてもらうこと、それに対する感謝の気持ちを大切にすることが大事だと思います。
小・中・高のどの先生になるのか迷っているなら、選択肢を狭めるのではなく、どちらもめざせる大学に進学するなど、可能性は広げておいたほうがいいと思います。留学に興味があるならぜひ行ってみてください。文化や考え方の違う人たちの話を聞くのも勉強になりますよ。気になることがあれば何でもやってみてください。必ず自分の成長につながります。

このページのトップへ

OGインタビュー

バスケットボールと勉強を両立するために。

部活動で時間を取られることが多いと思いますが、私は短時間集中で勉強したり、休み時間を活用したりしていました。絶対やる!と心掛けたのは授業を集中して聞くこと。そうすることで勉強が効率よく進み、テスト前も楽になりました。大切なのは日々の小さな積み重ね。これはバスケットボールでも同じだったと思います。
バスケットボール部で頑張った経験は、私を大きく成長させてくれました。自分に打ち克つ力。プレッシャーがかかる中でシュートを決めきる集中力。部活動を通してしか学べないことはたくさんあり、それは勉強面でも活かされると思うので、「上手くなりたい」という気持ちをもって頑張ってください。ともに切磋琢磨したチームメイトは、他の友達とは違う、一生特別な「仲間」になりますよ。

夢の見つけ方、大学の選び方について。

私は、自分が大切にしている考え方を基に進路を決めました。政治・経済・商・法学などさまざまな立場の考え方を統合して答えを導き出す「政策学」は、私が重視してきた、一つだけの結果にとらわれず、多くの視点を持つという考え方と一致していました。このように自分の軸となる考え方で進路を選択する方法もあると思います。そこでの学びから夢を見つけ出すこともできますよ。
行きたい大学を見つけたいなら、まずは情報収集。オープンキャンパスに行けば雰囲気がわかるし、興味のある何かが見つかるかもしれません。学校行事や委員会など、興味があるものはもちろん、そうでないものにも積極的に取り組んでください。そこからしか得られない経験、発見、学びがあります。ぜひいろいろなことにチャレンジしてみてください!

このページのトップへ

大学合格者メッセージ

ToDoリストを活用しながら合格に向けて計画的に勉強。

オープンキャンパスやパンフレットを読む中で、研究内容に興味を持ち、受験を決意。受験勉強では毎日その日に行う課題をToDoリストにして手帳に書き出し、勉強の計画を立てました。特に高2くらいから苦手意識があった数学は、夏休みまでに必死で勉強して挽回しました。多くの先生の授業では熱意が伝わり、質問もしやすくてやる気がどんどん出ました。授業内でセンター試験の練習時間をとってくださったのがとても役立ちました。

いつでも私を支えてくれた先生や友達に感謝。

私は進路が最後まで決められず、悩むことが多くありました。そんな時は担任の先生に相談すると、急かすことなくいつも親身に相談に乗ってくださりました。また普段から悩んだり、不安を抱えた時も、気さくに話を聞き、アドバイスをくれた友達にとても感謝しています。茶道部とも両立のできた6年間。大学でもいろいろな分野に触れながら、多くの挑戦をしたいと思っています。

このページのトップへ

大学合格者メッセージ

目標は英語を活かせる大学。学校の授業を軸にセンター突破!

英語が好きで、目標は国際色のある学部に入学すること。私はアーチェリー部で週4日活動を頑張っていたので、家に帰ってすぐに寝てしまうことがありました。しかし普段の授業をきちんと受けて吸収することで学力が身につき、センター試験に立ち向かうことができました。もちろん学習内容で疑問があるときは先生の元に一番に質問に行ったり、テスト前には学校に残って友達と一緒にわからないところを勉強する努力も。クラスの友達の存在や頑張る姿が私の元気の源でした。

一人ひとりと向き合う先生方、友達の存在が大きな支えに。

先生方はとても親しみやすく、担当科目以外の成績も把握してくださっていたため、バランスの取れた勉強のアドバイスがいただけました。精神的に落ち着かない時は、同じ志を持つ友達に相談。とりとめのない会話に助けられました。大学では英語を使った交渉術を身につけ、留学プログラムに参加しながら夢に向かって成長したいです。

このページのトップへ

大学合格者メッセージ

弱点を随時克服できたことで志望大学合格を実現。

第一志望だった神戸大学合格をめざし、まずは苦手科目の克服に取り組みました。特に数学は高2の終わりからもう一度基礎から徹底的に総復習。センター試験前になっても地理の点数が伸びなかった時は、先生に個人的に解説をしていただけたことで、センター本番で結果につなげることができました。二次試験対策として英作文を添削していただき、数学では記述を見ていただいたりと、合格に向けて着実に学べたことにとても感謝しています。

友達と支え合った6年間。将来は子どもを支えられる人になりたい。

特に大きかったのはクラスの友達の存在でした。わからない問題を聞いたら快く丁寧に教えてくれたり、またお互い励ましあったり不安なことを言い合ったりしたことで、あきらめずに最後まで頑張ることができました。将来の夢は親と離れて入院する子どもたちの役に立てる看護師になること。看護知識やコミュニケーション能力を身につけ、夢の実現を目指したいです。

このページのトップへ

大学合格者メッセージ

合格に向け、たくさんの学習サポートをいただきました。

福沢諭吉先生の本に感銘を受け、法学部を志望。受験期まではずっと学校の定期考査の勉強にしっかり取り組みました。小論文は正解がないため、現代社会の先生にお願いして定期的に課題をいただき、1つのテーマについて考えぬく機会をつくりました。日本史の長期休暇補習では、独学ではやりきれない部分を補うことができ、本番直前のセンター補習は、新たな課題や見落としを発見できました。

友達や部活の存在が私を強くしてくれました。

自分だけのために頑張るというのはそう簡単なことではありません。周囲の支えや応援、友人の努力を目にしてようやく少しずつ強くなっていけるのだと思います。共にそれを乗り越えた戦友のとの絆は一生ものです。またコーラス部でいろいろなことをやりきったという自信は、いつだって私の背中を押してくれています。大学でも、広い視野と、臨機応変に対応できる人生経験を蓄え、理想の女性に近づきたいと思います。

このページのトップへ