ICT活用

自ら学ぶ力や
コミュニケーション能力を高め、
豊かな心を育む。

各教科はもちろん、総合学習・総合探求、学校生活の各場面において、「探求」する心を支える、ICTを使った学び。課題発見や課題解決のための「つくる、つながる」ツールとして、積極的に活用を進めていきます。

1人1台のタブレット環境

学びの質の向上をめざし、生徒一人ひとりが自分のiPadを所持し、日常的にICT機器を使用した教育活動を実施します。安全対策として、生徒用iPadの設定(使用できるアプリなど)は学校が管理します。

グループワークが活きるミーティングルーム

グループワークのためのミーティングルームが新しくなりました。対話しやすい環境で、タブレットを用いた課題の発見や解決、その発表が可能です。

充実のICT環境

タブレットだけでなくデスクトップPCを備えた教室もあります。全HR教室に電子黒板を配置し、校内はWi-Fiを完備しています。

Google Workspace for Educationを導入

入学時にアカウントを配布。家でも授業の資料にアクセスできます。6年間の学びをクラウド上に蓄積し、友人・教員とオンラインでのコミュニケーションもできます。

保護者の皆様へのG Suite for Educationに関するお知らせ

授業支援ソフト・使用教材など

1.MetaMoji ClassRoom
 教材や学習内容・タブレットで作った作品などをリアルタイムに共有することのできる授業支援ソフト。
 先生と生徒・生徒同士・生徒から先生へ、自由に即座にやりとりができるほか、
 指定された班でのやりとりもできるので、グループ学習にも活用されています。
 また、ご家庭のWiFiに接続して、学校と同じように使用することができます。

2.Weblio英会話
 中3・高1で行っているオンライン英会話プログラムです。
 1年に10回、海外と接続してネイティブの英会話講師と1回30分の英会話講習を受講するものです。

このほかにも、タブレットを用いた英語の多読教材、化学のデジタル図録などを活用しています。
Google Workspace for EducationやMetaMoji ClassRoomを通じて、欠席者への連絡や教材配信も可能になっています。

このページのトップへ