発展期(高校2年 → 高校3年)

自己を確立する時期。
目標実現に向けて実践力を養います。

大学への進学、そしてその先の職業など、自己実現を考え自分自身とじっくり向き合うのが、この時期。 上級生としてリーダーシップをとって行動をしていくなかで、基礎期・充実期で培ってきたことを 実践していきます。 たくさんの貴重な経験が、社会で活躍できる能力を高めます。

発展期の学び

将来や大学入試を見据えた、実践を重視した授業を展開

両コースとも大学入試に向けたカリキュラムで徹底的に指導。さらに、スタンダードコースは興味・関心に応じた多彩な選択科目も開講され、将来を見据えて自ら選択できます。それぞれの目標に向かって親身に指導します。

より深く自分を見つめ、幅広い視点で考える

総合学習「探求」で培ってきた、自分たちで学び行動する姿勢。その仕上げとなるのが、高校2年次の沖縄への修学旅行です。沖縄の文化、産業、戦争のことなどにふれ、より広くより深く物事について考えます。

自ら取り組む姿勢を大切に「自立した女性」をめざす

部活動や文化祭、体育大会でリーダーシップを発揮していくことで、社会で活躍できる「自立した女性」へと成長していきます。これまで学んできたことを生かし、積極的に参加できる場面をたくさん設けています。

このページのトップへ