新着情報

和光会最終報告・新和光会テーマ

 

5月~6月は新旧交代の季節。KGFが終わって、学校を引っぱってきた和光会役員が、最終報告を行いました。

 

3人の副会長、6つの委員会の各委員長、中1学年のお世話をする年級委員など委員の代表、

文化部・運動部、中学生の各代表の順でそれぞれスピーチを行います。

 

s-P1020880

 

一年間の活動、達成したこと、今後の課題。全校生に向けて発信します。

胸には、同級生へのお礼の気持ち。がんばってきた日々が駆け巡ります。

 

 

最後は和光会会長で締めくくります。

この一年、学校をしっかりと支えてきました。

 

s-P1020888

 

委員のバッジを交換して、全校生の前で引き継ぎをします。

 

 

 

 

そして今週、今年の和光会のテーマが発表されました。

 

s-DSCN3801

 

 

今年のテーマは、

[space ]← key

(スペースキーと読みます)

 

 

学校というスペース、これからどんな風にも埋められる「空白の器」。

生徒全員の力でそこに打ち込んでいきたい!

そのキーは、全校生徒一人ひとり、なのです。

 

s-DSCN3804

 

全校生で[space]をいっぱいにしていく。

これから創り出していく。

そんなテーマの表現として、第1号の手形を押しました!

 

 

先輩から受け継ぐ、役割や責任。

感謝の思いを胸に、今年も引き継がれていくものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ