基礎期(中学1年 → 中学2年)

将来に向けての大切な時期。
基礎となる学力と人間力を養います。

将来に向かって、大切な6年間を歩き始めるこの時期。 集団行動のなかで、人の気持ちを理解する人間性を育み、お互いに尊重し合える関係性を築いていきます。 学習面では、自主的に取り組む姿勢を身につけ、徹底的に基礎学力を養います。 ひとつひとつの積み重ねが、将来の夢へとつながります。

基礎期の学び

自ら学ぶ姿勢を身につけ、基礎学力の習得をめざす

中学の学習にまず興味を持ち、これからの学習に大切な自ら学ぶ姿勢、基礎学力をしっかりと身につけます。少人数のクラス編成で、よりきめ細かな指導を行い、安定した学力をめざします。

中学2年「平和」の授業では、「平和」を題材にして命の大切さを学び、意見の交換を通して人の話を聞きとる力、人に話を伝える力を育てていきます。フィールドワークでは、人や物に出会い、見聞することを重視します。

今年度より、「自他を尊重するという考え方」に基づいたコミュニケーションであるアサーションの活動に、スクールカウンセラーの先生方とともに取り組んでいます。「話をしっかりと聴く」、「言いたいことを適切に言う」、「落ち着いて受けとめる」ことができるよう、想像したり、表現したりする時間を持っています。

このページのトップへ